相続関係の手続きには期限がある

一生のうち、遺産相続をする機会は数えるくらいしかないでしょう。
そのため、「相続税」の存在を知っていても、自分が対象になるのかどうか知らない人がいるかもしれません。
また、過去に相続の経験があっても、そのときとすべて同じとは限らないのです。
これまで相続経験がある人も過信しないで、最新情報の確認をすることが大切です。
相続税が発生する場合は、相続税の申告・納税を行う必要があり、その期限は10カ月以内(被相続人が死亡したことを知った日の翌日から)になっています。
また、相続放棄を選ぶ場合も手続きが不可欠で、こちらは3カ月以内とされています。
身近な人が亡くなったときは、死亡届の提出をはじめ、葬儀、葬儀費用の精算など、やるべきことが山ほどでてきます。
いずれも大事なことばかりですので、少しでも早く済ませることが大切です。
そのうえで、遺言書や相続人の早期確認も必要になってきます。
しかも、相続放棄を選ぶ場合は、相続税の申告や納税よりもかなり早いため、忘れないようにしましょう。
なお、相続関係の手続きがスムーズにいかない人もいるかもしれません。
そのような場合は、法律事務所などでの相談をおすすめします。