学習塾にいつからいくか

学習塾に通わせて学力をしっかりとつけさせたいと親は思います。

幼児が塾に通っている確率は15%ほどとそれほど高くはありません。

この頃の塾には学童保育や子供英会話、子供スポーツなど勉強以外の目的で塾に通わせているということもあります。

感性を養う良い機会となるので、小さな時から可能性を伸ばす塾に通わせると良いかもしれません。

小学校に入ってくると学校の勉強についていけなくなって学習塾に通わせるというパターンが見受けられます。

低学年では30%ほどの子が学習塾に入り、6年生にもなると60%ほどの子供が学習塾に通っているという数字が出ています。

低学年での通塾率は増加しているので、学校の補修としての塾の役割というのが見て取ることができます。

中学生になるとかなりの通塾率になり、高校の入試に向けて塾に通う子供が多くなり始めます。

高校入試に備えるためには1年からの基礎的な学力から高めておく必要があるので、中学生では通塾率が高くなるのです。

もちろん高校になると今度は大学に合わせて塾に通う人も多いです。

自分が入学したい学校に合わせて学習塾に早めに通うのが良さそうですね。